気になる植毛技術!人工毛植毛と自毛植毛の違いとは?
植毛には、自分の後頭部の髪の毛を移植する自毛植毛と、人工で作った髪の毛を移植する人工毛植毛の2種類があります。

自毛植毛のメリットデメリット
■自毛植毛のメリット
自分の毛根を移植しますので、正しく手術が成功すれば、一生自分の髪の毛が生えて来る事が、最大のメリットです。
一旦、成功すればメンテナンスや買い替えの必要が無い為オススメです。

最初の手術費用だけで、その後の費用もかからない事もメリットです。
自分の髪なので、拒絶反応のリスクもありません。

■自毛植毛のデメリット
効果を得るまでに時間がかかります。
植毛した自毛は一旦抜け落ち、それから生える事になるので、半年以上かかる場合があります。
メスを使う手術法では、傷痕が残る事があります。

人口毛植毛のメリットデメリット
■人工毛植毛のメリット
人工毛を移植するので、元々の毛量の少ない方も行う事が出来ます。
多量に移植する事が出来るので、最初から希望するイメージ通りの髪型を作る事が出来ます。
手術の時間も比較的に短く、コストも安価で済む事がメリットです。

■人工毛植毛のデメリット
人体にとって異物を移植するので必ず抜けます。(一年のうちに半分は抜けると言われてます)
人工毛の状態を保持するために何度もメンテナンスに通う必要があります。
また、一回に掛かる費用も約10万円以上と高額なので、長期的にみると高額になるケースも考えられます。
頭皮に切れて残った根元部分での炎症など、恐ろしい肌トラブルも起きやすいので、注意が必要です。

最終的に自毛植毛と、人工毛植毛を比較した場合、初期費用の面では、人工毛植毛の方が安いのですが、メンテナンスなどで費用がかさみ、高額になってしまいます。
また、抜け落ちたり、肌トラブルも気になります。

時間を掛けてでも、自分の髪の毛を大切に育てたい人にとっては、自毛植毛の方が、安全でオススメだと思います。

     


Categorised as: 知識